記念に残るような印鑑

結婚祝い品として印鑑を送ってみるのもいいですね。結婚記念になるように、日付を入れること、結婚相手の名前をいれるなどの印鑑を贈ることで記念に残ります。印鑑のプレゼントに関しては、文字の書体や印鑑の素材などをいろいろ考えて決めていくのも良いですし、使い勝手からネーム印や認印などを結婚祝いとして考えても良いでしょう。結婚祝いで印鑑を贈ることでは、一般的には家族から身内からのプレゼントとなります。しかし友人からや会社の仲間などからのプレゼントも最近では多くなっています。印鑑のプレゼントについては、基本的に気軽に使える印鑑を贈るようにしましょう。銀行印や実印は大切な場で使うものですので実印などを贈ることは避けましょう

大切なものは他人からものうことで、多少の不安があるものです。日常的に使える印鑑にしておくことで、もらう側も気兼ねなく使うことができます。結婚祝いとして印鑑をプレゼントは良いものですが、印鑑の種類という部分だけ注意しておくようにしましょう。また、相手と一緒に書体やデザインなどを決めてプレゼントすることでも良いでしょう。あらかじめ一緒にさまざまなものを選びながら決めていけば、相手が納得する印鑑が出来上がります。