結婚祝いに印鑑は有か

結婚祝いの品として、印鑑のプレゼントもあります。結婚祝いやその後の出産祝いなどに果たして印鑑がプレゼントとして合っているのか、向いているのかなど心配になる方もいると思いますが、結婚ということで名字が変わりますのでプレゼントとして印鑑は有りと考えましょう。一般的には女性側が多く名字がかわりますので、結婚祝いに印鑑のプレゼントはしても問題はありません。結婚してからは名字の方ではなく、名前の方の印鑑を作る人も多くいますが、これは意識していなければ通常しないものです。多くの人は結婚をしてから自身の印鑑を買い替えることが多いものですので、結婚祝いの品として印鑑をもらえたら嬉しいものなのです。

自分で購入するとなると、また何かと手間がかかりますし大変です。特に新婦に結婚祝いとして印鑑をあげるということではなく、新郎側に渡しても良いです。また、印鑑にも種類があります。認印や銀行印そして実印やネーム印などがあります。どのタイプの印鑑をプレゼントとして送るのかは新郎新婦との親密感で決まると考えましょう。親友関係であって強い信頼がある相手としてでは、実印を送っても問題ないでしょう。関係がそれほど強くなく、しかし頻繁に会うような関係でしたら認印そして、ネーム印などの方が喜ばれます。関係性を考えながら、結婚祝いの品に印鑑を考えても他の贈り物と一味違ったものとなります。

印鑑のプレゼントは、身内だけが行うものではありませんので、もしよかったら思い出に残る品として考えてみてもよいでしょう。