印鑑選びに大切なこと

結婚祝いに印鑑のプレゼントを考えても、どのようなものをプレゼントしたらよいのか悩むところです。必要になる印鑑は何か、相手におくるものとしてふさわしいものは何か、印鑑のサイズなど、さまざまなことを考えます。日常の中で普通に使える印鑑や、大事な場面で使うものとしてある印鑑など、その種類もいくつかありますし重要性も違います。相手にも結婚祝いの品として喜んでもらえるものをプレゼントしたいものです。印鑑は一般的に身内が送る品として考えられています。両親から子供へ、祖父母から孫へと送る場合がほとんどです。しかし親しい間柄として友人などからの贈り物としての品ということもあります。

結婚祝いの品として送るものですので、何かしらその証として結婚記念日を刻むなど、名前を刻むなどした印鑑はとても心に残ります。また、印鑑として送るものは認め印やネーム印など気軽に使えるものを選ぶことが良いでしょう。

印鑑は、相手に対して思いを込めた品になります。印鑑の種類やサイズ、そして彫り方やその素材など決める事がいくつかあります。印鑑は、それぞれの場面に対して使い分けるものですので、実印や銀行員などの重要な印鑑ではなくプレゼントとしては認め印やネーム印などを贈ることでも良いと考えます。